朔日会
 
国際公募作品募集  

重要なお知らせ
第90回記念 朔日会展は
会場を変更して開催します

4月25日に東京都を対象にした『緊急事態宣言』が発出され、それに伴い東京都美術館より開催中止命令が出ましたが、会場を変更して8月に開催することが決定いたしました。
つきましては,下記の内容をご確認ください。

朔日会会長 羽籐 恒郎

第90回記念 朔日会展 
会 期 2021年8月4日(水)〜8月7日(土)(休館日ナシ)
  (開催時間は追って記載します)
会 場 大田区民プラザ   ホームページはこちらから
東京都大田区下丸子3−1−3
      TEL.03−3750−1611

朔日会だより Vol.3
福島の生んだ画家・羽藤淑子
朔日会代表 羽藤朔郎

 1924年11月24日生まれの羽藤淑子(旧姓・藤田淑子)の父方先祖は、新白河の南湖公園近くの棚倉で数百年前から住んでいた家系でした。
  幼少の頃から絵を描くのが好きで画家になるのが夢でした。戦前の日本では女子は東京美術学校(現・芸大)には入学出来ませんでした。ずっと女子高にいた淑子は、女子美には行かず個人の先生に習っていました。その時、「絵描きになるのは、そうとうな覚悟がいるよ、諦めたほうが楽かも」とアドバイスをしてくれたのは、片岡球子先生でした。
  淑子は美大に行かず、東京銀座の画廊を見て回って自分に合う先生を探していました。ちょうどその時、銀座資生堂ギャラリーで朔日会第2回か3回展が開催されていて、絵のポリシーが自分にとても合うと気に入って、「この絵の方に教わりたい」と会場にいる人に尋ねると、朔日会の創始者の羽藤馬佐夫だった。女性として会員第一号となった。
  後に結婚をした時は、まだ10代であった。戦火の中、朔日会のメンバーも次々と召集され、淑子一人で小さな画廊で展覧会をやっていた。
  やっと戦争が終った頃、東京都美術館で空きが出来たので「朔日会展を急遽やるなら」と打診された時はまだ数名しか会に戻ってきていなかった。しかし20代前半の淑子は旧メンバーなどの絵を集めて何とか開催できたのだった。又、子供もいて、絵も描き家事と家計もやりくりしながら、大好きな絵を描き続けた。
  やはり福島県人の頑張る力が人一倍、福島人のDNAを引き継いでいるのかと思わないではいられません。2002年4月に77歳で少し早い人生を終えましたが、画家として素晴らしい作品を残したと思います。息子の恒郎・朔郎2人が朔日会を継、自分達も福島県で巡回展を開催できる喜びと幸せを本当にかみしめております。一人でも多くの県民の方々に羽藤淑子の絵を見ていただき理解していただきたいと存じます。

バックハンバーはこちらへ

朔日会作品募集
日本美術界への登竜門

朔日会は豊かな人間の心を養い、健康な芸術を愛し
インターナショナルな作家を育てる自由な芸術集団です。
〔お約束〕
1.初歩の方にも出来る限りの優遇をいたします。
2.入落選の審査は最も公平良心的に行います。
3.優秀な作品には賞を贈ります。
 
[賞] 朔日会賞・文部科学大臣賞・東京都知事賞・ 東京都議会議長賞・ 茨城県知事賞・長野県知事賞・台東区長賞・台東区議会議長賞・文京区長賞・ 文京区議会議長賞・スポンサー賞
  ・ 朔日会は広く世界から絵画作品を公募し、「各国にそれぞれの美術あり、世界の美術はひとつ」という視点で審査します。
  ・ 朔日会は今後、21世紀での新時代のルネッサンス運動を展開し、美術をもって世界の平和に寄与していきます。みなさま、ふるってご応募ください。

応募要項は朔日会ホームページをご参照ください。
←朔日会ホームページはこちらからお入りください。
お問い合わせは下記にお願いいたします。
FAX:03(3823)0026